家事をして腰が痛い方はウサイン・ボルトのように体を捻じる

この記事は2分で読めます

Pocket

「鈴木さん、家事をしている時に
腰が痛くなるのですが?」
 
「そうですか、、、
 
それでは、そこで実際に台所に立って
家事をしている様子を見せてください」
 
と、申し上げる。
 
 
その立っている姿を見ると
 
 
(腰が痛い人ほど
立ち方が下手だなぁ~)と。
 
 
つまり、どんな立ち方を
するかというと
 
足を平行にして立って
家事をするのです。
 
 
この格好を実際にしてみると
わかることだが、、、
 
腰が普通の人よりも強い鈴木でも、
ものの5~10分で腰が
痛くなってくるのです。
 
 
なぜなら、腰が「捻じれない」から。
 
 
平行に立つのはダメ。弱いです。
 
左右同一なのは危ない
ちょっと左右差があるのはいい。
 
 
例を出しましょう。
 
 
もう引退してしまいましたが
 
陸上のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は
 
 
・オリンピックで8個の金
 
・世界陸上では11個の金
 
 
人類史上最速のスプリンターとも評された。
稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の
愛称で呼ばれる。
 
 
脚の長さが
左右全然違うのです。
 
 
その理由は、『ウィキ』によると
 
 
鈴木なりにまとめてみると
 
 
ボルトは脊椎側彎症である
 
→走るたびに背骨が不安定に揺れる
 
→肩も大きく動く
 
→肩をを支えるために骨盤が左右に動く
 
→体が捻じれる
 
→左右の歩幅が最大で20センチもある
 
 
 
つまり、脊椎側彎症のために
体が捻じれているため
 
生まれつき左右の歩幅が違うのです。
 
 
しかし、その左右差の大きさが
「スピード」を増す
源泉になっているのです。
 
 
と、いうことは
 
 
鈴木が、高校生だったころの
体育の先生が指導する走り方
 
 
できるだけ両肩を平行にして
ブレがないように走るのは
 
一見正しそうで、
「間違っている」ことになるのです。
 
 
 
 
 
追伸
家事をしている際に
腰が痛くなる人は
 
思いきって、体を「捻じる」ことが
一番の方法なのです。
 
 
つまり、左右の足を、
どちらでもかまわないので
前に出してみればいいのです。
 
すると、結果、
捻じることになるので、、、
 
 
家事ばかりではないです。
 
腰が弱いとおっしゃる方は
体を捻じって使ってみるといいですよ♪
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^