-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

05.13 救急外来が夜中が忙しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

おもしろいサイトがあった。

「仰天!海外のおもしろ
風邪の予防・治療法」
 
どれどれ、ということで中を見ると、、、
 
 
 
海外では、皆保険制度の仕組みが
日本ほど整っていないので、
風邪ぐらいではほとんどの場合、
病院など行かず治すらしい。
 
 
 
なぜなら、ちょっと病院に
行っただけで治療費がバカ高いからね
 
 
ちなみに、
海外旅行中に虫垂炎に
なってしまった場合かかる費用(実費)は、
 
 
1位:ハワイ     256万円
2位:ロスアンゼルス 216万円 
3位:バンクーバー  177万円
4位:ロンドン    173万円
5位:ウィーン    127万円
 
 
中国 9万円、日本 12万円
 
 
(やっぱり日本の皆保険制度はスゴイ)
 
(中国が、共産党の国だった
ことに改めて気づいた)
 
 
 
でも、その反面
治療費が安いもんだから
 
風邪ぐらいで病院に行く
困ったちゃんも出るからね~~~
 
これは聞いた話しだが、
夜中の救急外来が混むらしい。
 
ちっちゃな子どもを抱えた母親が、
昼間は病院が混むから
それを避けてすいてそうな
夜中に行くそうだ。
 
 
※そのためホントに、
重篤で緊急を要する患者さんが
待たされるらしい。
 
ぜんそく患者とかね。
 
 
 さて、戻って
海外のおもしろい
風邪の予防・治療法は、
 
 
【アメリカ】   
 
・汗をたくさんかいて熱を体外に出した後
ぬるいシャワーを浴びて体を冷やす
  
・レモンで体を洗う
 
 
【ロシア】   
 
・風邪の予防にはサウナに入った後、裸のまま
外に出て、雪に埋まるを繰り返す
 
・風邪をひいたら、ウオッカに胡椒を入れて飲む
  
・生のアロエを食べる
 
 
【リビア】    
・発熱したら上半身を酢でマッサージ
 
 
【バングラデシュ】
・小麦粉に酢を加え水で練ったものを
布に伸ばして頭に載せる
 
・アイスクリームを溶けてから食べる
 
 
 
など、など。
 
 
 
整体では、風邪をひいたら
基本的に何もしない。
 
水分の補給のみ。
(ポカリ●●ットを、
水で割って飲むぐらい)
 
 
ただ、発熱した場合のみ注意点がある。
 
発熱中は普通どおりに
生活をする。
仕事もいっしょ。
 
 
ただ、熱が下がって
平熱以下になる時間帯がある。
 
その時間帯のみ飲み食いせず、
水を使ったりしない。
 
※通常この時間帯は
何もせずにいたいのが本能。
 
 
この時間帯に、ちっちゃな子どもに
飲ませたり食べさせたりすると、嘔吐する。
(からだが受け付けないということ)
 
 
 
でも、
 
(今、食べとかないと体力が、、、)
(食べないと、薬が飲めないから、、、)
(風邪もこじらすと怖いからな、、、)
 
とか、余計な知識が入ってる大人は
この時間帯にだいたい余計なことをして
 
風邪をこじらす。
 
 
 
この平熱以下の時間帯だけ
ちっちゃな子どものように
本能に身を任せれば
風邪なんかす~っと治るのに、、、
 
 
 
 
(あ~ぁ)
 
 
 
 
追伸1
 
こじらした風邪は
そうはカンタンに治らない。
 
1年の内、半分も風邪を
ひいている人がいるけど
 
安静にしていなければ
ならない時間帯に
余計なことをしている。
 
 
特に、戦中、戦後を
子供時代に過ごした人は
 
いつ食べれるかわからない
本能的な恐怖感からか
 
 
(食べれる時に食べとかないと、、、)
(食べないから治らない、、、)
(食べないから元気が出ない、、、)
 
 
と、ガチガチの洗脳が
入っているからなかなか難しい。。。
 
 
 
 
今は、『飽食の時代』だからね
食べないほうが元気だね!
 

 

 

 
 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

手術したのに半年でまた痛くなった

腰痛の原因は80%が不明

骨盤後傾を正すことが基本です

 

腰が痛い時の対処方法は、立ち方を工夫すること

軽いぎっくり腰には、蒸しタオル

腰痛の原因は、腰が悪いからじゃない

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択