-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

11.19 『ミックス』やっぱり蒼井優でしょ、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

『ミックス』この邦画。

同時に封切になった映画の中で
売り上げナンバーワンだそうだ。


※先週現在
『イット』
『ブレードランナー』
『ラストレシピ』の中で


と、いうので観にいった。


簡単なストーリーは以下の通り。

いつものように『映画.com』より

 

 

ココから


新垣結衣と瑛太が
ダブル主演を務めたコメディ。

卓球を題材に、男女混合ダブルス(ミックス)を
通じて巻き起こる人間模様を描いた。


幼い頃、卓球クラブを
経営していた母のスパルタ教育により、

天才卓球少女として将来を期待された

新垣結衣(富田多満子役)だったが、

母の死後は普通の人生を歩んでいた。


ある時、恋人を会社の新人社員に
寝取られたことをきっかけに、
逃げるように田舎に戻った多満子は、

 

いまや赤字経営に転落した卓球クラブを
立て直すことになる。

 

そのために全日本卓球選手権の
男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を
目指すことになった多満子は、

クラブに通う落ちぶれた
元プロボクサーの瑛太(萩原)とコンビを組むのだが……。

 

 


ココまで

 

 

冒頭シーンは、千葉県内を走る
小湊鉄道の中でのことか?

 

車窓に、のどかな田園地帯が広がる。

オレンジとクリームのツートンカラー。
それで、ディーゼルカー。そして、2両編成。

 

(いい。。。)

 

ディーゼルカーは、重油で動くから
電気を必要としない。

 

だから、電車のような架線が無い。

そのためか、空が広く見える。
心理的な圧迫感がない。

 

(リラックスするなぁ~)

 


(そういえば、横浜中華街も
東横線が来るのが決定されてから
電信柱を地下に埋めた。

 

それから、ずいぶんと
売り上げが上がったと友人が言っていた)

 

 

で、話しを戻すと、、、


新垣結衣が勤める会社は
横浜みなとみらい地区にある設定。

 

神奈川県の江の島を望む
江の島水族館近くの漁港も
映画の中に見える。


(舞台が、横浜だと親近感がわく)

 

 

新垣結衣のコメディエンヌぶりがいい。


表情が、くるくると変わる。

 

「寒い、痛い、一途な不器用な女」役も
よく合っている。

 

 

今回の映画の特徴は
脇役が個性的なのも見どころ。

 


まずは、元・ヤンキー娘を
演じるのは元・アイドルの広末涼子。

 

高収入の医者をまんまと引っ掛けて
嫁さんになるが、同僚、上司の
気取った奥さまたちとの付き合いが辛い。

 

場にそぐわない違和感を覚えながらも
卓球をしている姿はいじましい。

 


もっともびっくりしたのは

卓球クラブ近くにある
中華料理屋を経営する

 

謎の中国人夫婦役を
演じている蒼井優。

 

いつもは上品、清楚、耐えるといった
役どころが多い、蒼井優だが

 

こういった人が、
コメディを演じると面白い、という一例。

 

蒼井優をこの役に持ってきた
監督のセンスを感じる。


映画の中で、


・中国語まじりの日本語
・料理をテーブルにドンと置く接客ぶり

 

・中国人ぽい服装、化粧ぶり
・けんかしているようにしか
聞こえない夫婦の会話

 

 

には、とにかく笑えた。

 

 

(鈴木は、中華街で長く働いていたので
様々な中国人のおばちゃんに出会った。

 

彼女たち、ホントに、蒼井優のような
しゃべり方をするんだよ。。。)

 

 

 

他にも、瑛太、吉田鋼太郎、真木よう子
が、良かった。

 

 


追伸
『ミックス』の予告編を貼っておく。

 

 

 

 

おもしろい映画ですよ。。。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択