-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

06.11 うつの改善方法は、胸を開くこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「うつ」は、私が知らないうちに

日本五大疾病に認定された。
(2011年7月6日 厚生労働省)
 
 
ガン・脳卒中・心臓病・糖尿病が、
今までの四大疾病。
糖尿病は250万人。
なんと精神疾患者は350万人超。

 

 
これは、大変なことだ。

本人はもちろんのこと

パートナーや家族
みんなが苦しむ

 

そこで、

 

 
今日は、こういった症状を
薬を使わないで改善する方法を、
お知らせしたい。

 

 

いちように「うつ」といった

症状を抱える人は、
 

・背筋が伸びていない。
・猫背気味である。
・肩が内に巻いていて

、肺が萎縮している。

 

 

つまり、胸が開かないのだ。

 

 
試しに、この姿勢をやってみると・・・。

 

 
・視線が自然に下を向く
 

→空を見ずに、地面ばかりを

見るようになる

 

→自然と歩幅が狭くなる。
   筋肉が使えなくなる。
 
 

血流が悪くなる。

 

体の中の、血液、リンパ液、

ホルモンなどの流れが悪くなり、

体の調子が悪くなる(この逆が、お風呂。)

 
→他人が、あなたの姿を見て
  「この人、暗そう」
「具合悪そう」などと、
  思ってしまい近づかなくなる
 
 
 
・みぞおちが硬くなる。
ここには、胃袋がある。
 
 
→胃が緊張すると蠕動運動が無くなる
(胃が食物を腸に送るための運動)
 
→食べても、胃が動きにくくなっているので
消化しない。結果、胃に負担がかかる
 
 
→胃の調子が悪いと、気分が無意識にふさぐ
 (胃が悪かった夏目漱石は
 いつも仏頂面だったそうだ。有名な話)
 
→眉間に深いシワが刻まれる
(胃が痛くなると、眉間に力が入る)
 
 
 
・胸が圧迫されて、肺が縮む
 
→呼吸が浅くなる。深呼吸できない。
 
→呼吸がおなかの深いところに
入らないので、なにかあると、
悪い方、悪い方へと考えてしまう。
 
 
 
・頭に血が昇りやすいので、
 なにも行動せず頭でっかちになってくる
 
→行動が、おっくうになる。
「言うだけ、ただ言うだけ」
でも、けっしてやらない。
 
こういったことが実際に感じられた。

 

 
みんなは、実際にやってみましたか?
 
 
やらない人は、
すでにもう頭でっかちになっている。

 

 
胸が開かない人なのだ。
 
 
とにかく胸を開けばいい。
 
 
開けば、変わる
 
 
胸さえ開けば、すべてが変わってくる。
眉間のしわも、胃袋の調子も、
呼吸も深くなる、行動的になる・・・。

 

 
 
でも、
こんな簡単なことさえ
やらないだろうなぁー。

 

 
こんな理由をつけて
 
・理論的でない
・医者が、くれた薬を飲んでいても
 いっこうに改善しないのに。
 
・自分のは、みんなのとは違うんだ
・こんな辛いのに、こんな簡単な方法で???
 うさんくさいよ・・・。
 
 

でもね、やった方がいいと思うよ~~~

 

 

 
さぁ~、今から
 
胸を開け

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

救急外来が夜中が忙しい理由

ブログ タイトル13文字宣言

よく効く薬は副作用もキツい

 

日本の現状は不景気ではありません。

迷ったときは、決断しない。

梅田の地下街の行列には驚いた

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択