-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

06.02 老人の股関節体操の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この股関節体操は
正座の形からのもの。

正式名称は

『正座からの股関節体操』


簡単に説明すると、、、

正座の形から、両手を付きながら
片脚ずつ後ろへ伸ばしていく。

そして、太ももの前面を
床に付けてストレッチする。

と、言う簡単な人体力学体操。


主として、股関節が原因で、、、

太ももが伸びにくく
なっている時に使う。


詳しい方法を知りたい方は

井本先生が、、、

この股関節体操について
詳しく解説された本が
あるので見てほしい。

以下に、リンクを貼っておく。


参照

『ふしぶしの痛みに効く整体体操』p55

 

ここからは、

この股関節体操を、、、

80代の女性に
実際に実施してみたと
想像して読んでほしい。

 

「正座してください」

「痛くてできません」

※太ももが硬くなっているので
正座はできません


「(奥から毛布を持ってくる)

今から、毛布をお腹の下に入れますね」

「あぁ~これは楽だ」

※人体力学体操は
このように「楽に」行えるように
設定することが大事です


「では、両手を床に付いて
上体を少し起こしてください」

「こうですか?」


「そう、いいですよ。

そこから右脚だけを
後ろに引いてください」

「左の膝が痛くなってできません」


「なら、両脚を後ろに引いてください」

「これなら痛くないわ、、、」


「そこから、右の太ももを
床に押し付けるようにしてみて下さい」

「ちょっと、痛い」


「ちょっと痛いぐらいの
手前までで結構ですよ」

「ちょっと痛いぐらいの
手前のところまでね、、、」


「右脚はそのままで
上体を起こして下さい。

すると、右脚のここが
伸びる感じはしますか?」

※実際に硬い所を
さわっています

「伸びている」


「では、立ち上がってみて下さい」

「・・・・・・」


「ちょっと歩いてみて下さい」

「あれっ、、、」


「ちょっと感じが変わりましたか?」

「ん~ん」


「・・・・・・」

「不思議だわ」

※患者さんが何か言うまで
こちらから話してはいけません

 


追伸
「では、この体操を
朝、昼、晩と3回行って下さい。

あぁ~そうそう

右脚が痛くなくなったら、、、
この体操はやらないようにね」

「はい、わかりました」

 

と、言うように、、、

基本の股関節体操からは
形がずいぶんと変わっています。


でも、「それ」でいいのです。

要するに、「硬い」のが
緩めばいいのですから。

 

 

【重要な連絡】

メルマガ始めました!!

メルマガに「登録」して
いただけますと、、、

毎朝6時前後に

あなたのメールアドレス
(PC、モバイル、タブレット)に

自動的にメールが届きます。


つまり、Twitter、ブログを
開くこと無しに、、、


鈴木のブログが
読めるようになります。


どうか、ご利用ください。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

メルマガ購読・解除
鈴木好美(よしみ整体)
   
powered by まぐまぐトップページへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択