女心がわからない男とは私のことでした。

この記事は2分で読めます

Pocket

わたしは現在、「整体」をやっている

 

以前は、営業の仕事をしていて
営業時間中によく仕事を

抜けだしては母校に通っていた

 

バドミントンを教えるためである
(たいしてうまくもないのに

よくやったもんだと、

今あらためて思う。

 

やっぱり若い血が

なせることだったのだろうな)

 

 

そんなある日のこと

(28歳位のことかな)

 

●高校のバドミントン部の後輩

(23歳ぐらいかな)に聞かれた

 

「先輩、腰が痛いんですよ。」

 

「(足もとを見てハイヒールを履いてる)

お前な、腰が強くないのに

ハイヒール履くからだよ。


悪いことは言わない。

ハイヒールやめて平べったい靴を履け」

 

「先輩。平べったい靴じゃ

かわいくないじゃないですか?」

 

「かわいくなくたって、

痛いんじゃ。しかたあるめぇ~」

 

「それじゃ~ダメなんです。」

 

「何がダメなんだよ」

 

「●●君に、嫌われてしまうでしょ」

 

「???だけど、痛いんでしょ。

やっぱり靴を・・・」

 

「女こころがわかってませんね。

だから・・・ですよ」

 

「・・・・・・」

 

 

フツー痛かったらやめるだろう

 

ハイヒール履けばつま先で

歩いているようなもんだから

 

 

オレが履いたって痛くなるんだから


(実際にやってみたことがある
わたしは実践してよかったことしか
言わないいいコーチなのだよ)(自慢)

 

この後輩じゃ無理だよ
ハイヒールは

 

ところで
どうしたかな、あいつ・・・

 

 

若き日の思い出である

 

 

 

追伸

この後輩

いつもシップの匂いがしてた

ハイヒール履いてもこの匂いじゃ

 

かわいそうだけど
結果的に●●君のハートは

射止めなかったと思うよ

 

 
 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

股関節が硬いといろいろと厄介です

おなか周りのうきわ

脇のハミ肉を取るには肩甲骨の可動性を改善する

 

40代から始める体操(便と尿漏れ対策)

下腹の鏡餅

骨盤の左右差は、早めに治しておきましょう

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^