-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

02.14 顔に左右差が無いのは危険な徴候

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「あの人って、キレイだよね」

「そうだね。・・・でも整形っぽくない」
「なんか不自然な感じだものね
 
「頬のところなんか周りとあってないよ」
「いわれてみれば・・・」
「やっぱ、そうか」
 
 
 
この会話は、ある女優さん
●●さんのことを
 
二人の30代の女性が言っていたのを
わたしが聞いていた一部
 
 
わたしもこの女優さんは
(あやしい?)とにらんでいたので
 
 
みんなが、なにか
”?なもの”を感じていたのだ。
 
 
 
”?なもの”と感じてしまう
正体をよ~く考えてみると
 
 
この女優さんは、「顔」の左右差が
ほとんどないことに気づく。
 
 
頬骨の盛り上がり方も
口角の下がりも左右が
寸分の狂いもないぐらいいっしょ。
 
 
人はどうやら
 
【左右が均一】なものを見ると
自然なものと感じず、人工物のような印象
 
受けるようになっているらしい。
 
 
整体の考え方もいっしょで
 
 
左右がそろっている時には、
用心すべしである。
 
どういうことかというと、
施術におみえになった時に
 
顔の左右差がそろっている時は、
 
「そろそろお迎えが近い」といわれている。
 
(大病の前:体力が落ちてきた証拠)
 
 
理由は、わからない。
 
 
左右差があって、強いほうが弱い方を
助けることによって、エネルギーが湧く。
 
そんなことかもしれない。
 
そうじゃないかもしれない。
 
 
 
しかし、
 
左右差がなくなった時は
”要注意”である。
 
 
 
 
 
 
追伸:
 
今、かぜやインフルが
流行っている。
 
それにかかる人と、
かからない人の差はどこかというと
 
からだの左右差なのである。
 
からだの左右差がいきすぎると、
それを是正しようと
かぜやインフルにかかる。
 
そして、左右差を調整する。
 
 
 
つまり、左右差がなくなると
かぜやインフルに
かかることもできなくなる。
 
左右差を調整する
必要がなくなるから。
 
 
 
ここ10年くらい、かぜやインフルに
かからないと自慢している方
 
 
それは危険な状態なのですよ。
 
 
左右差がなくなって
きているわけだから。
 
”要注意”です。
 
 
 
 
 
左右差を是正する体操
(背骨の弾力をゆるめるとよい)
 
脊柱をゆるめる体操
 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

元気で長生きの秘訣は、『●●の高い人』

夢で身体の状態をチェックできる

ベーブ・ルースは、仕立屋になるはずだった

 

ホムンクルスの人形

習慣化すると何事もうまくいく意味 2

習慣化すると何事もうまくいく意味

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択