頭部打撲 をして命取りになる症状

この記事は2分で読めます

Pocket

 

朝日新聞(12/17朝刊)に、

 

脳しんとう「競技・練習すぐ中止を」の

記事が出た。これは、大賛成です

 

頭部の打撲は、「命」を左右する。

 

その場で、亡くなるばかりでなく
その後に後遺症の形で表れることも多い

 

その時はよくても20年後に

「古傷」として出ることも多い

 

 

わたしも、40年前の頭部の打撲がいまだに出る。

 

めちゃくちゃ暑い日
湿気の多い時


霜がおりる時に

正体不明の打撲が出る
(2,3日で治るが)

 

 

特に、左後頭部の打撲は

致命傷になることも多い

 

朝日の記事を更に読むと

「スポーツの際に頭を強く打つなどして

死傷する事故が相次いでいることを受け、

日本脳神経外科学会は16日
予防のための一般に向けた提言を公表した。

 

脳しんとうを起こしたら、

すぐに競技や練習をとりやめる。

 

さらに、脳損傷や硬膜下血種が

あったときは武道や球技など
接触を多く伴う競技には

復帰するべきではない、と明記した」

 

 

さらに

脳しんとうは意識を失う場合もあるが、
頭痛や気分がすぐれないだけなど
軽症に見える場合もある。

 

一方、こうした症状は数週間以上続くことがある。

 

脳しんとうを繰り返すことで急に
脳が腫れたり出血したりして命に
かかわることもあるという」

 

これはとても大事な視点だ

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

整体でも
この頭部の打撲は要注意である

 

・頭部を打ったのに、こぶができない
・頭部を打ったのに、出血がない

 

これは、頭部の打撲の影響が
内部まで進んでいることを示す

 

 

特に、小さなお子さんを

持っていらっしゃるお母さんは

よくよくわが子を観察して欲しい


(子どもは、遊んでいるときに

頭部を打つことが多いから)

 

 

お子さんが帰宅してからいつもとちがう

 

たとえば

 

・生あくびをする
・妙なよだれを流す


・吐き気があってもどす
・食事しながらつい眠り込んでしまう

 

これは、やばい徴候である

 

そんな時、お子さんのおなかをみて欲しい

おなかが、船底状になっていたらレッドである

 

すぐに病院につれていかなければならない

 

その時は大丈夫なようにみえても・・・

 

7日後、3月後とか危ない


(頭部打撲で、何日かして

亡くなったというのはこんなケース)

 

 

とにかく頭部の打撲は要注意である

 

 

 

追伸

老人の頭部の打撲も怖い
(特に、風呂場でのせっけんを踏んでの)

本来なら、頭部は打たないようにからだが
ねじったりして平気なのだが

 

背骨の力(中心の力)が

無くなってくると頭部を打つ

 

日頃より、背骨に意識を

持たせることが重要である

 

せきつい行気法
せきちゅうを伸ばす体操などがよい

 

 


せきつい行気法

背骨で呼吸をするつもりになって行う

 

せきちゅうをゆるめる体操⇒仰向けになって両手、

両足を伸ばして、背骨を伸ばす

 

 

 

 
 
 
【スポンサードリンク】

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

足の裏の痛み、まひ、しびれになる理由

キリンの冷たいビールが苦手になってきたら

むち打ち症の話(下)

 

むち打ち症の話(中)

むち打ち症の話(上)

ドボドボと、、、

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • コバヤシ
    • 2016年 6月1日

    はじめまして、小林といいます

    過去記事へのコメント、失礼致します。
    正体不明の打撲が出る、とのことですが、どのような症状で出るのですか?

    やはり痛みでしょうか?
    というのも、僕は以前から打撲の塊のような身体でありまして、それがつい最近です、まだ若いのに(といっても成人はしてます)体調が急変して、いきなりガタが来たので、気になった次第であります。

    • yoshimi
    • 2016年 6月20日

    コバヤシさん

    ご連絡が遅くなり大変もうしわけありません。

    「痛み」が出ることもあります。
    また、古傷として(打撲の影響で)10年ほどしてから
    皮膚の疾患が出た方もいらっしゃいます。

    打撲の影響は「こうだからこうです」という
    マニュアル通りにいかないことが多いです。

    人それぞれです。

    ですので、打撲を受けた時に一番大事な点は

    「打撲」を受けた後に、すぐに適切な
    処置をすることが一番重要です。

    体から「打撲」の影響を
    消し去るということです。

      • コバヤシ
      • 2016年 6月23日

      返信ありがとうございます。

      なるほど、人それぞれと。

      皮膚の疾患が出た方は、どのような経過を経てそれが分かったのでしょう。
      どこを打ったか分かる技術が、整体には存在する、ということでしょうか?
      というのも、僕はどこを打ったかわからないのです(0歳の時に親の手から落ちたという事実のみ、わかっています)。

      質問ばかりですみません。

        • yoshimi
        • 2016年 11月22日

        梅雨時や、急に寒くなった時に、
        思い出したかのように出る痛みの箇所が
        打撲した所ではないでしょか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^