-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

05.03 コロナに対するノーベル賞受賞者(山中伸弥さん)の見解(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

週刊ポスト2020年5月1日号に
こんな記事が載った。


『コロナに対するノーベル賞・
山中伸弥、本庶佑両教授の見解』


まずは、山中伸弥さん。
(京都大学iPS細胞研究所所長)


本人は、「ジョギング」を
趣味としていることから、、、

現状をマラソンと重ね合わせ
こうコメントしている。


以下は、、、

鈴木がわかりやすいように
箇条書きでまとめた。


<新型コロナウイルスとの闘いは
長いマラソンです。

都市部で市中感染が広がり、
しばらくは全力疾走に近い努力が必要です>

→ そんな簡単には
「終息」しない、と断言。

超一流の科学者が
「そう」言っていることは
とても重要だ。


そして、

人口が密集している都市部では
感染経路がはっきりしないため

政府が行っている「外出禁止令」は
もう少し続ける必要がある。


実際、4/30(木)朝

安倍総理大臣は、「外出禁止令」を
伸ばさざるをえないと発言。

さらに、

学校の始業を9月にする
可能性も示唆した。


と、あるから、、、

状況は、素人である鈴木が
考えるよりも重篤なのだと、
改めて思った。


さらに、山中伸弥教授は

自身のHP

『山中伸弥による
新型コロナウイルス情報発信』で


<日本がパンデミック終息を
迎えるには3つのケースしかないと強調する>

1、季節性インフルエンザのように
気温などの理由でコロナウイルスが勢いをなくす

2、ほとんどの人が感染して集団免疫という状態になる

3、ワクチンや治療薬ができる


<ワクチンや治療薬は
1年ではできないのではないか。

最低1年は覚悟しないといけない>


と、かなり悲観的な発言をされている。

 


追伸
整体では、山中伸弥教授が
おっしゃるほどのことは
起きないのではないかと考えるが、、、

誤解が生ずるので
発言は差し控えたいと思う。


今日は、医学の識者である方が
コロナに対して「どう」思っているかを
まとめてみた。

正しい事実は重要ですから。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択