-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

記事一覧

06.23錦織圭の棄権の本当の理由

テニスの錦織圭選手(25歳)が ふくらはぎの筋膜炎で棄権した。   第1セットの第6ゲームに入る前のこと。 私も早速そのシーンを見たが、、、 相手のセッピ選手のサービスに対して 全くといっていいほど反応ができていない。 (これなら、どうしようもない) ま…

06.11足首のねんざを治すならリミット3日

今回は、足首のねんざの 治し方について書きます。     足首を捻った。 どうやらねんざらしい。   そんな時?あなたは どんなことをしますか?   「まず、氷水で冷やす」   そうですね、冷やすのは大事ですね。  …

06.11足首がねんざする本当の理由は骨盤が開くため

昔、よく足首をねんざした。   ※癖になっているほどで 内くるぶしの下がボコっと 飛び出している。   決まって右足だった。   どんな時に右足のねんざを やるのかというと、 実は、私は以前から バドミントンをやっていたのだが  …

06.08痛風じゃないけど親指が痛いわけ

痛風というと昔は 「殿様の病気」と言われてきたが、、、   昨今では、我々普通の庶民でも この疾病に苦しむ人が多いらしい。   というのも、グーグルやヤフーといった 検索マシーンの検索窓に   痛風 症状 原因 などと入れて検索している人が…

05.15足首の捻挫癖がつく本当の理由

私の右足の内くるぶしの下には ボコッとしたかたまりがあります。   中学、高校時代に さんざんやってきたねんざの後です。   あまりにたくさん やってきたためでしょう。     足関節にスポッと入って いなければならない下肢にある &n…

05.12腰の手術をして半年で「痛く」なった理由

これは患者さんに聞いた話。   30代の女性で立ち仕事をしている。 (守秘義務のため 細かいところは書けません。     脚がしびれてきたため、 考えたあげく腰の手術をした。     手術直後は腰も軽く 「やっぱり手術してよ…

09.02股関節が固まると歩くのに難儀する

道場がある商店街は 昔からの人が多い。   商店街の役員の方に聞くと 古くから住んで いらっしゃる方が多い。     昭和の頃は、工場が 商店街の中にあり、 それはそれは人で 賑わったそうである。 (ビクターのシンボルの 犬のマー…

08.07「ドスン」と座るおじいさんは腰から下が悪い

あなたが電車に乗った時のこと。 こんなことがなかっただろうか?     あなたの隣の席が空いている。 そこへ、初老のおじいさんが。 やって来て     「ドスン」と座る。     (なんだよ、この人、、、)       当のおじいさんは 何事もなか…

07.11ネイマールが骨折した腰椎3番の意味

あのブラジルがドイツ相手に まさかの 7-1  で惨敗した。   攻撃の中心:ネイマール 守備の中心:チアゴ・シウバ   のふたりが、共にドイツ戦に 欠場したためだと言われている。     欠場の理由は、   チアゴ・シウバの方は イエローカードが 2枚のためによるもの …

07.06お辞儀が出来るようになってうれしい

今日は、たまには 短いブログにしてみます。     いつも長いからね、、、       さて、 人の体が悪くなっていく様は     「痛み」⇒「しびれ」⇒「まひ」     と、移っていきます。 その逆はありません。       反対に、良くなっていく時は  …

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択