ゴルフプレイ中に突然死する理由

この記事は2分で読めます

Pocket

プロゴルフが始まった。

 
日本では、石川遼といった
ビッグネーム(観客を呼べるスター)が
アメリカに行ってしまったためか
 
男子のゴルフの開催ゲームが
減ったという。反対に女性は増えた。
 
青木、ジャンボ、中島が元気だった時は
ゴルフといえば男子ゴルフだったが・・・。
 
 
 
さて、今日の話しはゴルフを
プレイされる方には
ぜひ読んで欲しい内容だ。
 
命に関わる話しだからね。
 
 
 
40~59歳で、突然死する
スポーツのトップがゴルフ
 
60歳以上で、突然死する
スポーツの2位がゴルフ
 
 
と、ゴルフは突然死する可能性が
高いスポーツであることは間違いない。
 
 
 
なぜか?
 
 
 
ゴルフの特徴は、”からだをねじる”
ところにある。
 
ねじってパワーを作り
クラブを走らせボールを飛ばす。
 
その際にからだをねじるのは
腰の骨(腰椎3番)が担当している。
 
 
しかし、何らかの理由で
この骨がこわばってくると
 
からだをねじることが
スムーズに行かなくなる。
 
すると、からだをねじれない分
膝でからだをねじるしかなくなる。
 
 
ちなみに、膝にはねじる働きがないので
(そのような関節にはなっていない)
膝をじきにこわすことになる。
 
 
※だから、スポーツ選手の
膝がおかしくなってきたら
 
そろそろ引退が近いということになる。
(清原、松井秀喜がいい例)
 
からだをねじれないということを
示すから。つまり腰がくたびれてきた。
 
 
からだで打ったり、けったりすることが
できずに、よくいう”手打ち”の状態ということ。
 
ひそかに、思っていることだが
 
タイガー・ウッズは引退が
速いんではないかと思っている。
 
 
 
さて話しは戻る。
 
 
 
腰でねじれなくなったからだが
それでもからだをねじるためには
 
 
その上の、胸椎10番で
ねじるようになる。
 
 
それでも、ねじれなくなってくると
ついに心臓のあるところで
からだをねじってしまい突
然死になることもあるのだ。
 
 
 
そうならないためにも
腰でからだをねじる必要がある。
 
そのためにも腰椎3番の可動性が
マストだ。
 
 
以下の体操をやってうまく
いかない方がゴルフをやる時は
十分に気をつけてほしい。
 
 
 
 
腰椎の捻転体操
『腰の人体力学』:82ページ

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

手術したのに半年でまた痛くなった

腰痛の原因は80%が不明

骨盤後傾を正すことが基本です

 

腰が痛い時の対処方法は、立ち方を工夫すること

軽いぎっくり腰には、蒸しタオル

腰痛の原因は、腰が悪いからじゃない

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^