-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

08.06 ストレートネックって言われた方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日は、

長年、通って下さっている患者さんの
紹介の方の話しです。


女性。20代。


主訴は、肩こり、首こり。

仕事は、前屈で指先を使う仕事。


「実は、ストレートネックって
言われているんです」

「そうですか、、、

(と、言いながら、、、
頸椎を指で持って確認しながら)


頸椎の3番、4番が
少し硬く凸しているから
ストレートネック気味ではある。


事実は事実として
認識はするが、、、

ちょっと、話しは飛ぶが

このように、レントゲン写真で
証拠として実際に見せられると、、、

漠とした不安が起き上がる。


「(私)どうなるんだろう?」と。


そこへ、テレビの健康番組で
よく使われる「手遅れ」なる最強のことばを

運悪く、目にしていれば、、、


不安が不安を呼ぶのです。


でも、ここで、よ~く冷静に
考えて欲しいのですが、、、


・そこに参加している
ドクターの見解が同一ではない

・誰でも起ることなら、
ニュースにはならない。


レアケースだからニュースとして
ばかなマスコミが、わざわざ取り上げる
価値があるのだと喝破したのなら、、、

そんな不安は起らないのです。


(でも、まぁ~難しいか?)


※それほど、現代の人は
マスコミに洗脳されているのです。


こんな時、整体指導者として、
まず、やるべきことは、、、

世間ではそんなことも
あるかと思いますが

●●さんには、関係がないことと
思って、もらわないといけない。


しかし、実際には、先ほど確認した
頸椎3番、4番の異常もあるので、、、

「●●さん、、、
お仕事で疲れると、耳の問題
鼻の問題が出るかもしれませんね。


でも、ストレートネックですが、、、

息を吐いた時にレントゲンを映されると
ストレートネックのように映るから、、、

たまたま、「そう」
だったじゃないんですか?」


「(たまたま)・・・・・・???」

「もし、そのストレートネックに
問題があれば、ドクターは、
何かしらの処置をすると思うけど、、、

それは、なかったんでしょ」


「そうです」


「それなら問題がないと思うけど。

(間)

また、仮に、実際に
ストレートネックで
問題が生じていたら

手や足が、しびれたりするけど、、、

それは、ないんですよね」


「ありません」


「なら、ストレートネックが問題というより
違うところが原因だと思います」

「そうですか」(声音が明るくなった)

 

ここで、ふたつ確認をした。


・疲れると耳や鼻に問題が出る

→後で知ったことだが、めまい、鼻炎があるらしい

 

・手や指、足がしびれていないので
頸椎には問題がない

→頸椎4番をほんとうに壊すと
「まひ」が起きる

 

そして、体を拝見すると
右の肩甲骨がかなり
「外」へいっている。


・右腕、右指先の使いすぎ
・湿気によるもの


それで、再度、聞いてみる。


「●●さん、肩こり、首こり
冬と夏とでは、
どっちの方がきついですか?」

「ん~ん、、、
そんなこと考えたことないけど、
今時分が多いかなって感じがする」

 

この答えで、、、


湿気によって、右が落ちているところへ
お仕事の関係で右手、右指を

酷使したために、主訴が
ひどく出たのだろうと判断する。

 


追伸
あとは、落ちた右の肋骨を上げること
骨盤の調整をするだけだ。


骨盤を上げておかないと
上げた肋骨が下がるから。


ここで断っておきますが、、、

この会話は、すべて
施術しながらなのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択